2017年1月アーカイブ

ブリーチ・サプリメント



bbleach_supple.jpg

" ブリーチのダメージ、におい、刺激を95%軽減  "




これもちょっと話題になった商材。


従来のパウダーブリーチに添加するのだけれど、

添加というか、調合の割合がブリーチ剤+2剤が少量で「ブリーチサプリ」の量の方がかなり多め。

この割合で本当にブリーチ力あるのか?はたして抜けるのか?とはじめに思いました。


結果は、

抜け加減(ブリーチ力)は、「ブリーチサプリ」を入れることによりかなり減力されます。

抜け始めも遅く、最終的に従来のパウダーブリーチと比べると2〜3レベルもしくは3〜4レベル位明度が低い仕上がり。

従来のパウダーブリーチで14~15レベルくらいのところが「ブリーチサプリ」だと11~12レベルくらいの位の仕上がり。

赤味というかオレンジ味が残る感じ。



ただ、質感はとても良いです。

とてもパウダーブリーチをした後とは思えないくらい。

ツヤもあるし、手触りもなめらか。

トリートメント効果があるわけではないので元の髪の状態にもよりますが。

これにはちょっと驚きました。


塗り易いのでムラになりにくく、頭皮への刺激もかなり少ない。


この特性を理解していれば、使える幅は広がると思います。


いままでブリーチ剤をチョイスしない場面でも使えるようになりそうです。




ブリーチサプリはアルカリの代わりに"金属イオン"を過水と反応させているようなので、ブリーチonカラーなどの場合、先のイルミナカラーとうまく組み合わせてやれば相性が良いのだと思います。




ちょっと専門的な話で誰に向けて書いてるのか分からなくなってきましたw 以上。


(T)


ホームページ

アイテム

  • bbleach_supple.jpg
  • chart.jpg

ウェブページ

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、2017年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.13-ja