2015年2月アーカイブ


なにが最高級なのか?


まず先に言っておきます。

値段が最高級ですw



rehyde.jpg


180ml ¥5,000(税抜き)
700ml  ¥18,000(税抜き) 




そもそもはこのシャンプー、宝塚の "タカラジェンヌ" のために作られたものだそうです。

確かに宝塚といえば、キンキンのハイブリーチやパーマ、またガチガチに固める強力なスタイリング剤や熱いスポットライトなどの影響によりかなり髪を酷使していそうです。

そのタカラジェンヌの傷んだ髪を治すことを最優先に考えて作ったシャンプーがこれだそうで。





しかしなにゆえこんなに高いのか?

メーカーさん曰く、

「非常識なくらいのアミノ酸とヒアルロン酸の配合量!」だそう。

正確には、

品質ありきで髪のために良いものを惜しみなくふんだんに使っていったらこの値段になった、

ということらしいです。



無添加(旧指定成分)・無香料・無着色にこだわり低刺激で赤ちゃんや敏感肌の方にも安心。


某サイトランキングでも各部門で1位を獲得。

プロの髪専属モデルさん達にも選ばれている。

云々・・・・





ウンチクは分かったのでとりあえずモデルさんを使って実験してみました。


このシャンプー、傷んでる人ほど泡立たない。

泡(栄養分)が髪の中に入っていくのでキメ細かい泡が立ってくるまで初めのうちは2〜3回繰り返します。


もうシャンプーを流している状態で違いが分かります。

いくらアミノ酸系のシャンプーでもかなりのハイダメージ毛は手が通らなかったりします。

しかしこのシャンプーは軽い感じで手が通る。もちろんノンシリコン。


ロングの人でもトリートメントやリンスをせずシャンプーのみで上げてみました。

普段はトリートメントをたっぷりつけないと手が通らない方がクシが通せました。

ん〜、さすが高いだけのことはある。



次は乾かしてみます。

普通これだけクシ通りが良いともっと重くベタッとしてるのかと思いきや、

適度にモッチリはしてるのだがフワッとした軽さがあって、

シリコンのようなギラギラしたツヤではなく自然な素髪のつやがでてきました。

毛先の収まりも良く、くせ毛の人は広がりも抑えられる。

なんともカルオモな不思議な質感。

ん〜、さすが高いだけのことはある。



おそらく勝手に分析するに、

オイルやシリコンなどの重い成分ではなく、"ヒアルロン酸" という保水力の高い成分を高配合しているので、

髪の中に水分を保つことにより「モッチリ落ち着きフワッと軽い」質感なのかなと。




正直はじめは高価というだけでそうそう他のアミノ酸系シャンプーと変わらないだろうとタカをくくってました。

しかし結果的にはシャンプー単体では今までに経験したことないくらいの

「洗い心地、質感、仕上がり具合」でした。


正直みんなこのシャンプー使ってくれれば美容師側も楽なのになぁ、とさえ思ってしまいました。




万人に使っていただけるシャンプーなのですが・・・・

ただやっぱネックは値段ですよね。

なので無理に誰にでも勧めようとは思っていません。



『ひどい傷みをどうにかしたい!』

『ギシギシやからまりをなんとかしたい!』

『ハイブリーチをしてる』

『縮毛矯正をしてる』

『くせや広がりを落ち着けたい』

『自然なツヤが欲しい』

『いつも髪をキレイに保っていたい!』

『短期間に髪を良い状態に持っていきたい』


という方の最終駆け込み寺的なシャンプーということで。

2015-02-08 19 02 50.jpg




いろいろ試してみた結果、

値段は高いですが、

それに見合った仕事はしてくれるシャンプーだと思います。




ちなみにアトリエゾークでは、

180ml  ¥5,000(税抜き)

というサイズもご用意しておりますので、試してみたい方はまずはこちらからをお勧めいたします。





シャンプーは頭皮を洗うもの。

ただこのシャンプーは髪の状態も良くしてくれる!!









ホームページ

アイテム

  • 2015-02-08 19 02 50.jpg
  • rehyde.jpg

ウェブページ

2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、2015年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年11月です。

次のアーカイブは2015年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.13-ja